エクセル(Excel)で確定申告

エクセル(Excel)で確定申告は出来るのでしょうか?色々な書籍やサイトで、確定申告用の帳簿付けにエクセルを勧めるところがありますが・・・

会計ソフト de 確定申告
※ このサイトは、プロや経験者による税・経理解説サイトではありません。
記述されている内容をそのまま実行、他言して何らかの責任等が生じた場合でも、当サイトは一切責任を持ちません。
詳しくは「はじめにお読みください」をお読みください。

カテゴリー

RSS

エクセル(Excel)で確定申告

2009/02/22 18:12

エクセルを使えば、確定申告も簡単!
私が確定申告をしようと、そのやり方等をサイトや書籍で探しているとき、よく見かけたのがこんなフレーズです。

最初に答えを言ってしまえば、もちろんエクセルを使って確定申告用の収支内訳書や決算書(白色申告では収支内訳書。青色申告では決算書を提出する)を作り上げることは可能です。
結局の所、確定申告とは数字を足していくだけ(たまにかけ算も必要)なので、表計算ソフトの代表、エクセルでも可能です。
ただし、エクセルを使いこなせるほどの知識があるだけではなくて、確定申告や税務、会計の知識もあわせて持ち合わせていないと難しい物があるでしょう。
たとえば、私は会計ソフトとしてやよいの青色申告を使っていますが(詳しい使い方については、会計ソフトの使い方を参考にしてください)、かわりにエクセルを使ってやりなさい。なんて言われたら手も足も出ないと思います。

会計ソフトとエクセルの違い

似たような経験は、以前にもありました。

ホームページはワードで

ホームページ(サイト)を作ろうと思い立った10年ほど前、当時はブログなんて聞いたこともなかったし、googleすらなかった時代ですが、ホームページを作ろう。なんて言う人も皆無でした。
なのでホームページを作る人は、数少ない当時売られていた本を参考にするか、ホームページビルダーといった専用のソフトに頼るしかありませんでした。
で、私が本屋でタマタマ立ち読みしたホームページを作る本には、こう書かれていました。

「ホームページを作るには、ワード(Word)が適しています」

HTMLを手書き入力出来る私からすれば、それはある意味正解の一つかもしれません。
ところが、HTMLもわからない、サイトも作ったことがない・・・なんて人に、Wordでホームページを作るのはほぼ不可能でしょう。
Excelを使って確定申告をするのは、この例と似ている気がします。

なぜ会計ソフト?

私の場合は、会計の知識も簿記の知識も、税金の知識も全く0だったので会計ソフトに飛びつきました。
よくわからないけれど、会計ソフトを使えば出来るんじゃないか?
紆余曲折ありましたが、これは正解でした。
というより、いまだに会計ソフトがないとほとんどなにも出来ません。

じゃぁ、なぜ会計ソフトを使うと私のような素人でも確定申告が出来るようになるのか?
最初に確定申告は、足していくだけ。みたいなことを書きましたが、なんでそんな難しそうなのかって言うと、どんな数値を足していけばいいのか・・・がわかりづらいからです。

帳簿をつけるには仕訳という作業が必要ですが、その仕訳のやり方が素人には敷居が高いのです。
たとえば、借方貸方の違いがわかるでしょうか?
帳簿ってそもそもなんでしょう?
総勘定元帳って?預金出納帳は?
按分???

そんな状態でも文章を選んで数値を入力するだけで、そういった仕訳が自動的に行ってくれるのが、会計ソフトの最大のメリットです。
じゃぁ、初心者だけのソフトかっていうとそうではなく、慣れた人は慣れた人なりに早く入力することも可能です。
この辺は実際にソフトにふれてみないと感覚がつかめないでしょうが、一度ふれると
「あぁ、たしかにこれなら私にも出来そう」
なんて言っている自分に気がつくはずです。

エクセルもあった方がいい場合

たいていの事業であればやよいの青色申告があれば帳簿もつけることが出来るし、確定申告用の用紙も数値を記入した状態でプリントできます。
ただ、以下の場合はエクセルもあると便利です。

上記のような1日に何度も利益が発生するような細かい商売の場合や、副業のような白色申告で帳簿をつける必要がない場合、いちいちひとつひとつの取引を帳簿につけていっていたらきりがないので、そういった場合はエクセルで収入をひとつひとつ入力し(FXの場合は、サイト上でCSVをダウンロードできるので入力の必要もありませんが)、まとめてその合計を求めた方が楽なので、エクセルがあった方がずっと楽です。

ただし、基本的に1ヶ月に数回しか利益が入ってこないようなフリーライターみたいな仕事や、アフィリエイトのように月に一回、まとめて利益が入ってくるような場合、金利・家賃収入のようにやはり月一回まとめて収入があるような商売の場合は、帳簿も比較的楽なので、エクセルは必要ないでしょう。

体験版やよいの青色申告をインストールしたら、当サイトの会計ソフトの使い方を参考にしてみてください。
私(私は2週間で帳簿+確定申告用の書類の仕上げ)以上に短期間で、確定申告の準備が出来ると思います。