売上金額の明細を調べるには

白色申告の収支内訳書には、主な取引先の年間の収入金額を記入しなければなりません。やよいの青色申告で入力したデータから指定した取引先の売上(収入)の合計を調べる方法

会計ソフト de 確定申告
※ このサイトは、プロや経験者による税・経理解説サイトではありません。
記述されている内容をそのまま実行、他言して何らかの責任等が生じた場合でも、当サイトは一切責任を持ちません。
詳しくは「はじめにお読みください」をお読みください。

カテゴリー

RSS

売上金額の明細を調べるには

2013/02/25 23:19

 

主な取引先のデータと、売上金額を記入
白色申告で税務署に提出する「収支内訳書」の裏側には、メインの取引先の代表4つをピックアップして、1年間の売上金額をそれぞれ記入しなくてはなりません。
やよいの青色申告で入力した場合、こうした金額も簡単に表示させることができます(が、私は最近までこの機能を知りませんでした・・・)。
やよいの青色申告では、入力したデータを反映させて「収支内訳書」を印刷することができるんですけれど、なぜかこの「売上(収入)金額の明細」は手動で入力しないといけないんですよね。
そこで、やよいの青色申告でそれぞれの得意先ごとの1年間の総売上を調べる方法を紹介します。

決算・申告の仕訳日記帳を開くやよいの青色申告を起動させたら、「決済・申告」タブをクリック。
一覧の中の「仕訳日記帳」をクリックして開きます。

検索をクリックメニューの中にある「検索」をクリックします。

科目を貸借別に指定する「科目を貸借別に指定する」にチェックを入れ、「貸方勘定科目」を「売掛金」にします。
その下の「貸方補助科目」にチェックを入れ、1年間の合計を調べたい取引先を選択し、最後に「OK」をクリックします。

合計が表示されたするとこのように1年間の総売上が表示されました。

入力する

決算書設定を開くでは、この計算結果を実際に収支内訳書に反映させてみましょう。
まずは「決算・申告」タブをクリックし、左側にある「決算書設定」を開きます。

売上金額の明細に入力売上(収入)金額の明細の部分に取引先の会社名、住所、そして先ほど検索結果で表示された合計金額を入力します。
代表的な取引先4件とその他の取引先の売上の合計と、入力した売上金額との差額が0であることを確認してください。